4月17日 メンタルヘルス対応セミナー

こちらのセミナーは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を鑑み、参加者および関係者の皆さまの健康・安全面を第一に考慮した結果、延期とさせていただきます。開催については状況を見極めつつ5月以降の延期、あるいは当初の予定になるべく近い日程でのウェブ配信、動画配信等を検討しております。

開催状況につきましては、改めてお知らせいたします。お申し込みいただいていた皆さまには大変ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご了承賜りますようお願いいたします。

メンタル不調者への対応が「特別扱い」になっていませんか?

 

  メンタル不調で繰り返し休む社員。病気を理由に業務の配慮を求めてくる社員。「このまま働かせ続けても大丈夫だろうか」、「療養に専念させたいが、本人は働き続けたいと言う」など、多くの企業が同じようなお悩みを抱えています。このような問題は、上司によるラインケアの充実、健康相談窓口の開設、ホットラインの設置といった従来型の対策では解決は困難です。それどころか、配慮の拡大やメンタル不調者の増加など、新たな問題を招きかねません。
 これに対して、それはメンタル不調者への配慮を「適切」で他社員からみても「公平」なものとする「労務管理アプローチ」として、「ルール・業務遂行レベルに着目したメンタルヘルス対応」があります。これは、厚生労働科学研究費の補助を受けて開発された手法で、メンタルヘルス対応を、「医療的管理」の視点ではなく、人事労務担当者や上司が行うことのできる通常の「業務的管理」の視点から整理し直した対応方法です。医療職任せで医療的配慮中心に行われていた対応を「医療的健康管理」と呼ぶとすれば、これから必須になるのは、「職場は働く場である」という前提に立ち、労務管理とルール設定にもとづき、人事総務担当者が自信をもって運用出来る「業務的健康管理」の視点です。
 2019年度、この対応方法に基づく支援を、岡山大学と社労士法人桑原事務所による共同研究として実施し、実際に30以上の事例への対応支援を通して一定の成果を挙げ、その結果をまとめて汎用的に利用できる対応方法を開発しました。
 そこで、本セミナーでは、業務的健康管理に基づくメンタル対応方法である「高尾メソッド」(業務遂行レベルにもとづくメンタルヘルス対応)の概要についてご説明するとともに、研究成果報告会として、メンタル不調者の対応における問題解決が期待できる、「面接シナリオ」および「人事措置書」による対応方法についてご紹介します 。

 

高尾メソッドの詳細は、こちらのページや、こちらの記事をご覧ください。

共同研究に関しては、こちらのページをご覧ください。

高尾メソッドに準拠した最新様式と、研究成果報告書を無料贈呈いたします。

  セミナーにご参加の皆様に、本セミナーでも解説する最新版のメンタル対応様式セットと、面接シナリオ集をはじめとする、研究成果をまとめた研究成果報告書を無料で差し上げます。
  メンタル対応の様式は、療養から復帰までの一連のフローの中で、人事、産業医、主治医、家族、本人などの各関係者が各々の役割を適切に発揮できるよう設計されており、運用はシンプルで、導入自体は低コストで実現可能です。今回は中でも導入を強くお勧めする「療養・復帰準備状況報告書」「復帰準備完了確認シート」「主治医意見書」の3点セットを無料でお渡しいたします。
  また、研究成果報告書には、2019年度の共同研究にて作成/添削した、多数の面接シナリオが掲載されています。これを参考にすることで、面接シナリオの作成が大幅に省力化可能だと考えています。こちらの使用方法についても、セミナーにて解説いたします。

 

【自治体向けセミナーお申込みフォーム】

お申込みはこちら

【企業向けセミナーお申込みフォーム】

お申込みはこちら
日 程

2020年4月17日(金)※5月以降に延期いたします

13:00~14:30…自治体限定(12:40開場)
15:30~17:00…企業向け(15:10開場) 

※当日参加できない場合も、後日ウェブでのセミナー動画資料と資料配布を行っております。

 お申込みフォームにて「後日、動画でセミナーを視聴する」をご選択ください。

会 場 一般財団法人日本予防医学協会 3階 会議室
(〒135-0001 東京都江東区毛利1-19-10 江間忠錦糸町ビル 詳細はこちら
講 師

高尾 総司
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野講師

 

森 悠太
株式会社Office d’Azur 代表取締役
麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士、中小企業診断士

料 金

●自治体限定の回は、研究成果報告の性格が強い内容のため、無料での実施となります。

 

●企業向けセミナーは下記、2つの選択肢からお申込みいただけます。

 

1,4/17 セミナーのお申込み  (資料あり)   3,000円(税込)

2,後日、動画でセミナーを視聴(資料あり) 2,000円(税込)

 

 

※セミナーにご参加の場合、参加費は当日現金でお支払いください。 請求書をご希望の方は、お申込み時にその旨お伝えください。

※後日、動画でセミナーを視聴する場合は請求書でのお支払となります。お申込み後、改めてメールにて請求書をお送りしますので、セミナー当日までにお支払ください。

※動画の視聴方法は、お申込み後、改めてメールにてご案内いたします。

※自治体向け研修で動画をご希望の場合はお問い合わせください。

プログラム

1.講演
「最新版:復職成功率を上げる標準的メンタル対応
  ――理論と実践ツールおよび面接シナリオによる負担軽減」

 

2.質疑応答と導入支援のご案内

対 象

■ 人事総務部門のご担当者様ならびに経営者層
■ 上部団体組織や公共機関の研修企画担当者様
■ 従来の医療的な職場の健康管理に限界を感じている保健医療職
 (産業医、産業看護職、衛生管理者等)
■ 社会保険労務士の皆様


※これまでメンタルヘルス対応に真摯に取り組んでおり、現状を打破したいという意欲のある方にご参加いただきたいと考えております。
※お申込み完了後、弊法人で相応しくないと判断した方(同業他社、普段メンタル対応に従事されていない個人の方など) のご参加お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承いただけますようお願いいたします。

定 員 各30名
実施者

主催 特定非営利活動法人学習支援センター

共催 株式会社Office d’Azur

※テーマ、会場等は予定であり、今後変更する場合がございます。予めご了承ください。

【講師紹介】

高尾 総司氏
高尾先生の講義風景岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野講師

 岡山大学医学部卒業。労働衛生コンサルタント(保健衛生),第二種作業環境測定士。嘱託産業医として、のべ20社以上の経験を持ち、特にリスクマネジメントの観点から再構築した職場の健康管理は、健康診断事後措置、過重労働対策、メンタル対策を問わず、共通して運用することができ人事労務担当者には理解しやすいと好評。労働法専門の弁護士と定期的に意見交換を行う機会を持つことで、メンタル対策における法律的側面についても考慮している。現在は、大学において産業医の指導にもあたっている。
 保健文化社「健康管理」誌において、「しごとと健康」を連載中。
 著書『健康管理は社員自身にやらせなさい』(2014, 保健文化社)

 

森 悠太 氏
森先生の写真

株式会社Office d’Azur 代表取締役
麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士、中小企業診断士

上智大学総合人間科学部教育学科卒業。 大手化学メーカーで人事労務に携わり、平成28年より社会保険労務士として登録。「業務遂行レベルに基づくメンタルヘルス対応」の考え方に基づき、メンタルヘルスに関する相談業務や制度導入、セミナー講師を中心に活動している。

 



【自治体向けセミナーお申込みフォーム】

お申込みはこちら

【企業向けセミナーお申込みフォーム】

お申込みはこちら

お申込みをご検討中の皆様へ

ご不明な点やご質問は、いつでもお気軽にお問合せください。
現在抱えているお悩みや、今後の理想を元にいま一番必要なことをご一緒に考えさせていただきます。
NPO法人 学習支援センター TEL:03-6279-9824


お問合せこちら